What's 外壁リフォーム

メンテナンスの必要ない外壁リフォームとは?

メンテナンスの必要ない外壁リフォームとは? メンテナンスの全くない外壁リフォームは残念ながら存在しませんが、リフォームの頻度を減らす工夫はできます。
将来リフォームが必要となることは、新築時点から考えておかなければならないことです。
外壁に最も負担をかけない方法は屋根の庇を出すことです。
長い庇の出は、外壁を風雨から守ってくれます。
しかし、リフォームの場合はこの方法は使えず、別な手段を考えなければなりません。
メンテナンスの必要ない外壁リフォームに近づけるためには、耐候性の高い材料を使う必要があります。
窯業サイディングは表面がタイルでできている乾式の材料なので、木造住宅のリフォームにも使えます。
自然素材の材料は一般に耐久性も高いといえます。
外壁をそのまま使う場合は、耐候性の高い塗料により塗り替えを行うと長持ちします。
ウレタン系よりはシリコン系、さらに、フッ素樹脂系の塗料は、次回のメンテナンスまでの期間を長くしてくれます。
外壁リフォームでは、目地材の耐久性も大切です。
二次的な部材だからと簡単に考えずに、お金をかけたいところです。

外壁リフォームの種類は何がある?

外壁リフォームの種類は何がある? 外壁リフォームの種類は大きく分けて、湿式と乾式があります。
湿式の代表はモルタル塗りです。
外壁に防水紙を張った上で、ラスモルタルを塗る方法です。
仕上げは塗料が用いられます。
湿式は職人が手間をかけてつくるために重厚感があります。
鉄筋コンクリートの住宅ではタイル張りも湿式に分類されます。
外壁リフォームでは、乾式の材料も多く用いられます。
代表的なのがサイディングです。
窯業系サイディングは材料を高温で成型するために、タイルのような質感を出すことができます。
サイディングには金属系のものや、木質系のものもありそれぞれに材料の特色が出ています。
外壁リフォームで気をつけたいのが防火構造であるかどうかです。
法律の規制で、地域によっては外壁に防火性能が必要となってくるので、その場合は防火構造の材料を使う必要があります。
鉄骨造では外壁にALCと呼ばれる軽量気泡コンクリートが使われることがあります。
軽い材料ながらも耐火性能が高いのが特徴です。