What's 外壁リフォーム

外壁リフォームの素朴な疑問

外壁リフォームの素朴な疑問 外壁リフォーム工事を行うにあたっての素朴な疑問。
たとえばこんな疑問が挙げられます。
「外壁の塗り替え工事費の相場は?」。
塗る面積の大きさによってはもちろん、塗料の種類によっても価格が変わってきます。
建坪を30坪とした場合、アクリル塗料なら30~60万円程度、ウレタン塗料なら40~60万円程度、シリコン塗料なら60~90万円程度、フッ素塗料なら80万円~100万円程度といったところです。
もちろん価格が高い塗料ほど耐久年数は伸びます。
さらに高機能の、光触媒(紫外線が塗膜の表面の汚れを分解し雨で汚れが落ちる)や、断熱・遮熱(塗膜の成分が外から伝わる熱を遮断して室内の温度上昇をおさえる)といった塗料もあります。
長い目で見ると、安い塗料を使って短いスパンで塗り替えを行うより、多少値が張っても高価な塗料で塗り替えを行う方が、費用総額を安く抑えられる場合もあります。
工事はどのような内訳になっているのでしょうか?単に壁を塗り替えるだけではありません。
足場・養生シートを設置する、下地を補修する、軒裏・木部・破風板(屋根の切妻にある合掌形の装飾板)・雨どいを塗ることなども含まれます。
せっかく足場を組むのですから、屋根塗装も一緒にやってしまおうと考える人もいるでしょう。
複数の業者に外壁リフォーム工事費の見積もりを取って、作業内容を照らし合わせながら比較検討してみることも大切です。

外壁リフォームのメンテナンスの方法は?

外壁リフォームのメンテナンスの方法は? マイホームをいつまでも使い続けるためのポイントは、定期的に建物の点検を行ったうえで、必要な修繕もすることです。
特に雨や風に曝されることが多いために、建物の外部はこまめにメンテナンスを行うのが理想的です。
建物のメンテナンスを行うときに必要なことは、専門業者のアドバイスを最大限に活用することです。
特に外壁リフォームに力を入れる施工業者に相談することが、建物の資産価値を維持するためには重要です。
外壁リフォームの工事を行うときに大切なことは、屋根やベランダを中心に建物全体を点検することです。
外壁の塗装作業を始める前に修繕を行うことで、塗装の効果をより一層高めることができます。
また様々な業者が施工に対応しているので、地域に密着した業者や料金が割安な業者など、様々な条件で絞り込むのが良い方法です。
特に比較サイトや見積サイトを利用することで、スムーズに最適な業者を選ぶことができます。
また施工業者とじっくりと相談しながら、機能性の高い塗料を選んで建物の外部を塗装してもらうべきです。
特に長期間の保証付きの施工プランを選ぶことが、建物の寿命を延ばすための秘訣です。
また工事が終わった後も、継続的に建物をチェックする心構えが肝心です。

おすすめ外壁塗装関連リンク

塗装・防水・外壁改修工事・雨漏り修理に即対応してくれます

外壁リフォーム 東京